ゼクシィやメロンの定期購読は必要?

以前、結婚のテンションを上げる為の活用術として、結婚情報誌をまず読んでみましょうという記事を書きました。

今や結婚するキラキラ乙女のバイブルとも言われている結婚情報誌(「メロン」やら「ゼクシィ」やらのアレです)。テレビコマーシャルでも見ない日は無いと言っても過言ではないほどこの不況続きのご時世の中、儲かってるなぁリク●ート(とその他)と思わずにはいられないのですが。

じゃあ、結婚する女子はこれら結婚情報誌の定期購読は必要なのか?という話を今日はしてみたいと思います。

これはねどのようにこういった情報誌を活用していくかにもよるので、賛否両論あると思うし、人によって考え方はマチマチなので、あたくしの言うことが間違っているなぁと思われる方はスルーしておいてください。

結婚する!ということが決まったらねぇ、なーんか買いたくなっちゃいますよね、結婚情報誌。

それまでは全然自分に関係ないと思いながらシカトだったCMや、電車やバスの車内に掲げられている広告も、結婚が決まると何となく目に付くというか(意外と広告量が多い)気になるというか。。

今でもコンビニで初めてレジに持って行った時のドキドキ感や照れくさ感を覚えています。まぁあれから続けて3.4冊目を購入する頃にはなんとも思わなくなってしまっていたのですが。。

前回も話しましたが、これらの情報誌は「月刊誌」で定期的にその時代や季節に合ったフレッシュな情報をお届けしてくれる訳です。まぁファッション誌のようなものです。雑誌によっては2ヶ月おきや各季節毎に販売されているものもあります。

結論から言いましょう。

スポンサードリンク

あたくしが思うに結婚情報誌の定期購読は式場が決まったらもう不要です。読んで2.3冊で十分だと断言できます。

結婚情報誌に主に書かれている情報というのは、まず式場をはじめ、結婚式関連のジュエリー、美容、二次会などのお店、小物類を取り扱っているお店に関しての広告が半分以上を占めています。

例えば、式場が決まっていない方に関しては一番最近に行われるブライダルフェアなどの情報が必要になりますよね。。ネットで検索することもできますが、一気に色々な式場の情報を集めたい時はやはりこういった情報誌は便利です。

ただ、他のジュエリーやらお店関係の情報というのはほとんど変わりません。いつも同じ広告が掲載されています。

後は大体、多いのが「ドレス選びのコツ」的な名目で書かれた色々なウエディングドレスの紹介(プリンセスラインとか、マーメードラインとか)。最近こういった奇抜なデザインが出たよというのも書かれていることが多いです。こういった情報も題目を変えながら毎回必ず掲載されています。

ウエディングドレスや和装などをしたときのヘアスタイルの紹介なども必ず書かれています。アップスタイルやら、ダウンスタイルやら、装飾はお花がいいやらティアラがいいやら・・・メイクも同じですね。こういったメイクが今流行ってるよとか。

あとはですね・・・まぁ昔から変わっていない結婚式を行う上での一般常識やら、その由来やらの情報や、先輩ウエディングの参考例なんかも必ず毎回掲載されている内容になりますね。

小物類の使い方や、手作りペーパーアイテムの紹介などを含め、披露宴の演出方法の参考例なども大体毎回なんとなく内容を変えながら紹介されています。

正直言いますとね、あたくしもテンション上がって当初、数冊買ってましたよ。でもこれって結婚に対する情報を得る為というよりは、まぁファッション誌感覚で見ていたということなんだと思います。

本当に情報として役に立たせるという意味では、2冊程度で充分だったなという事に後で気が付きました。無駄なお金を使ってしまった・・分厚くて重くて大きい雑誌だから処理も大変だし・・・と思ったのが正直なところ。(ぶっちゃけてしまうと、お金を出して広告を買ってるようなもんです。)

まず、先ほどお話したように式場の情報を得る為にはこういった情報誌からの情報はとても有効です。もし気になる式場が見つかればネットで調べるなり、フェアに行くなりとして、詳しい内容を知ることができますしね。

ただ、例えばウエディングドレスの選び方やらその情報については、どんなに情報誌を沢山読み漁っても実際は、「なんとなくこういった形のドレスがいいなぁ」とうっすら頭に浮かべる程度焼き付けられる程度しか役に立たないと思うんですよ。

結局はドレスショップに行って、実際に手を取り、着てみてから善し悪しを決める訳なのですからね。紙面に書かれているものと実際の物というのは全然違いますし。まぁ膨大にある店内のウエディングドレスの中から試着してみたいものを選ぶ手段にはなるかもしれませんけど。本に書かれたものと全く同じウエディングドレスがあるかというのはかなり怪しいしね。

ヘアメイクに関しても同様です。情報誌の内容は参考程度になるものですが、実際は担当のメイクさんと相談しながらリハーサルメイクを兼ねて自分に一番良いと思われるものを見つけ出して決定するものなのです。まぁ要するに、情報誌に書かれている事を鵜呑みにせず、その道のプロに相談した方が何倍も意味も利益もあるということ。

そういう意味で、情報誌をうまく活用する為に実際に必要になるのは2冊程度で充分だと、あたくしは思います。というか、2冊程度で大体必要な情報は入っていると言い換えてもいいかもしれませんね。毎回、大体同じような情報が言葉を変えながら羅列されているだけだと後になって気が付くことが多かった気がする。

他の結婚に関する情報に関しては実際にネットとかで、自分が欲しい情報だけを集めていった方が賢いと思います。

何だか後半は内容が若干変わってしまったような気がしますが、いつものことです、どうかご勘弁を。まだまだ、こういう感じで時々節約やら、とっておきのお得情報など紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

コメントを投稿

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">