ご祝儀の相場は?(ご祝儀の金額はいくら包めばいい?)

1224080_money.jpg

結婚式にお呼ばれした時にいつも考えるのは「ご祝儀はいくら包めばいい?」という疑問。

これは、その呼んでくれた方とどの程度関係が深かったかにもよるかもしれません。又、地域によってご祝儀の包む常識が違ったりするようです。(例えば、関西地方では親族の結婚式には他の地域よりも多めにご祝儀を包む事が多いらしい)

一応「ご祝儀の相場」みたいなものはありますけど、一概にこれに準じてご祝儀を用意したところ、失敗してしまったというケースも時々耳にします。

自分が包んだ額よりも頂いたお車代の方が高かったとか、友人達と相談せずに用意したら、自分一人だけ額が少なかったとか、披露宴に出席したらそれはそれはお金がかかった結婚式だった・・・とか、基本的に「ご祝儀が少なくて失敗した」と言われる方の方が多いような気がしますね。

スポンサードリンク

一般的な相場で言えば、友人、仕事場の同僚に渡すなら2~3万円、仕事場の部下に渡すなら3~5万円、親族なら5万~10万円、兄弟姉妹なら5~10万、夫婦でお呼ばれした時は二人で5万円、などといわれています。

また自分の年齢によって金額を変える・・というのは、あまり無いようです。箔を付けたい方はご自由にどうぞ(笑)

包む金額についての言い伝えとして、昔から偶数は「割り切れる数字」=「別れ」にという意味がある、として避けられてきました。でも最近では「2=ペア」という意味で受け入れられている場合も多いようなので、非常識という受け止められ方は無いようです。(気にされる方は、2万円を1万円+5千円+5千円と3枚のお札に変えて包まれる方もいらっしゃいます)しかし、「4=死」「9=苦」という不吉なワードを想定させる金額は基本的には包まない方が良いと思います。

金額はさておき、ご祝儀を包む方法にもきちんとマナーがありますので、ここは怠らないようにしてくださいね。

まず、必ず新札を用意すること。「アイロンをかけた」という人の話を聞いた事がありますが(逆に勇気ありますよね)、銀行やら郵便局やらで容易に両替をすることができますので、多少手間でもそちらで用意をしましょう。

ピン札を用意するのは「以前から、今日の挙式を楽しみにしていました」との意味があります。急に挙式に呼ばれて、急いで財布からのお金を包んだのではなく、事前に準備しておきましたという心遣いを表す事になります。

その逆で、お通夜にはボロ札を包むという常識があるのは、逆に「突然の訃報」という意味があります。ピン札だと「前から準備していました」という意味でとても失礼にあたりますからね。

ご祝儀袋は文房具屋さんで手に入れることができますが、最近では100円均一の店などでも見かけるようになりました。沢山の種類があってどうすればいいか悩んでしまう事ありますよね。袋の値段は同じなのに、見栄えというか、その豪華さが全然違うのって何ででしょう?

それは、「包む金額に見合った祝儀袋を用意する」というマナーからです。決して中身が少ないからせめて見た目を豪華に・・というのは考え違いなので、やめておきましょう。最近では購入する際ご祝儀袋に「●万円程度」とか書かれている場合も多いようですので、そちらを参考にして選べば良いと思います。

ご祝儀袋では、多分「結婚式用」と書かれていれば間違いないと思いますが、基本水引は「結びきりのご祝儀袋」にしてください。

赤と金がグッと結んであって上のほうにぴろーんと上がっているアレです(分かりにくくてすみません)。結びきりとは一度結んだらほどけない結び方。「二度と繰り返して欲しくないこと」の場合に使われます。他のおめでたい御祝いなどに包む場合は「蝶結び」が一般的ですが、「何度でも結びなおせますよ」と言う意味がこめられている為、何度もやり直せるという意味を与えてしまう為結婚式では不吉と言われています。

ご祝儀袋の具体的な書き方や、ちょっとした疑問などは次の機会に書く事にします。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. black bear より:

    どうも、育児ブログの方で何度かコメントしたblack bearデス。
    夫から、九州でのご祝儀の相場を念のためネットで検索してほしいと頼まれまして、「祝儀袋 金額 福岡」で検索したところ、何とGoogleのトップがここでした(驚)
    バブーちゃんが産まれた後も、少しずつ更新されてるんですね!
    すごいっ!!!
    何か嬉しかったのでコメントしてみました。

  2. hanappy より:

    black bearさん
    おぉぉーこちらでもコメントを下さるなんて・・^^ありがとうございます!バブーが産まれてからは、こちらの更新はかなりボチボチになってしまいました・・・。まだ書き足りないことも多々あるんですけどねー。。PCに向かう時間も限られますので、やはり育児との両立ってなかなか難しいです・・・。。

コメントを投稿

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">