高学歴の女子はモテない?(結婚相談所の話)

最近、親戚のおばさまがバブーを見に来てくれた時、自分の娘について散々ぼやいて帰って行かれました。

「いいわよねぇイベントが多くて・・うちの娘なんかまだまだ・・・」

この娘というのはあたくしにとっては従姉妹に当たるお姉さんなのですが、今年で齢30になります高学歴高収入の、いわゆる「デキル女」といわれる典型的な働く女性です。身内のあたくしが言うのもなんですが、人当たりもよく、お洒落で美人で、仕事は医療関係に勤めており、収入は現在の30代男性の平均を軽く超えております。

スポンサードリンク

そういえば彼女は、昔から男っ気が無く「結婚なんて煩わしい」「私が稼いでお嫁さんが欲しい」と豪語してました。しかし、ある程度、年を重ね、現実的に結婚適齢期に入った今は少し思いが変わってきているらしく、周りの友人がぞくぞくと結婚し、また、身近な身内(つまりあたくしの事です)の結婚出産などに触発されたのか、時折暇を見つけては密かにお料理教室に通ったりしはじめたとのことです。

また、本人以上に心配しているのがそのご両親。「20代までは嫁にやりたくないという気持ちだったけど30超えたらさっさと行きなさいという気持ちになってる」とのことです。謙遜かと思っていたのですがまんざら冗談でもなく、時折お見合い話を持ってきたり、娘に黙って結婚相談所へ足を運んだりしているとのこと。

あたくしは学が無いので、縁のないお話だったのですが、意外とこの「高学歴高収入」というのが、婿探しにとってはネックになるんですってね。

おばさま曰く、お見合い相手が見つかったとしても、その彼女のスペック(仕事内容や最終学歴など)を伝えただけで断られてしまう。まだ顔合わせもしてないというか、写真すら渡してないにも関わらず、です。

低収入の男子にとっては「自分には荷が重い・自分には勿体無い」と言われ、かと言って高学歴高収入の男子には「家を守ってくれる人が良いから・・・」と言われ。彼女のスペックだけで「家庭的でない」「仕事優先しそう」「気が強そう」「(男子である自分が)馬鹿にされそう」というイメージを勝手に持たれてしまい、顔合わせすらも出来ない状況が続いているとのことでした。

うーん・・・何だか異次元の世界。

あたくしにとっては、彼女は雲の上の人のような憧れの存在なんですけどね、その憧れのイメージそのものがネックになっているなんて変な話です。

でも、お見合いというのは恋愛と違って「条件」つまりその人のスペックが鍵となるわけであって、お見合いを成功させるためには「結婚したい男子が求める女子のイメージ」が最も重要になるってことですよね。

例えばですが「仕事が忙しくて嫁探しが出来ない男子」にとっては「家庭的な女子」

とか。

ただ、あたくしから言わせてもらえば、その人となりを判断するのに「職種」や「学歴」が全面に出てしまう今のお見合いシステムがどうにかならないものかなと思うんですよね。それだけで、その人となりが分かるわけではないし、中にはちょっぴり俗世間から逸脱した人を求める人だっているかもしれないじゃないですか。これは女性のみならず、男性にとっても同じことが言えます。

お見合いをする男性というのも「学歴」と「職種」とかが主に全面に出されるのですが、フリーターでも結婚したい人だっていると思うし、自分が稼げるから別にフリーターでもいいよって女子だっていると思うんですよ。でも、フリーター男子でお見合いするって人は聞いたことないし、専業主夫になりたくてお見合いをする男性というのもいない。需要がありそうにも関わらず、です。

おばさまが言ってたんですけどね、結婚相談所に登録するのに、女性は年会費ウン十万かかるのに対して、男性はタダ同然だったりするケースが多いんですって。

まぁ、それは相談所によって条件は様々あるみたいなのですが(例えば登録できる男性の職種が限定されていたり、収入限度額があったりとかです)なんだか結婚出来ない女性の弱みにつけ込むみたいでいい気持ちではないですね。。

意図的に出会いを求めるというのも、なんだか大変です・・・。

おばさまはあたくしの友人や、旦那君の友人をなんとか紹介してくれとせがむのですが、本人の意思とは関係ない所でこんな話をしてても良いものかというのにも疑問を感じずにはいられませんでした。

スポンサードリンク

関連記事

コメントを投稿

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">