ウエディングドレスを使いまわして節約(ウエディングドレスを変えずにお色直し)

結婚式の費用を手っ取り早く節約しようとするのであれば、やはりお色直しの回数を減らすという事を前向きに考えるべきだと思うのですが、できればなるべく色んな格好をしたい、色んな変身をしたい、と思うのが女心だったりしますよね。。

あたくしもそうでした。できれば全く違うイメージの格好で再入場して、みんなを驚かせたいとか思ってました。。とはいえお色直しの為に数十万かけて衣装も小物もブーケも変えたり、またその為に披露宴時間を費やすのもなんだか勿体無いようにも思えて。。

色々考えた結果、挙式はマリアベールをかぶってウエディングドレスだったわけですので、披露宴のはじまりは、同じウエディングドレスを着たまま、雰囲気をガラっと変えて入場することにしました。

どちらかと言えば挙式の時はなるべく清楚な雰囲気で、無駄の無いアップスタイルでシンプルに魅せ、装飾品はパール系で統一。

挙式終了後に一新させ、髪型はダウンスタイルでヘアアクセサリーは沢山のお花。ネックレス、イヤリングも全て取り替え、ドレスの胸元には可愛いコサージュを取り付け、挙式時はロンググローブを使っていたのですが、披露宴時は持参したフィンガーレスのウエディンググローブでカジュアルに魅せ、イメージをガラっとかえてみました。

スポンサードリンク

そもそも、挙式の時に使っていたベールを外しただけでかなりイメージも変わりましたが、その上ドレス以外の小物類なども色々取り替えましたので、清楚なイメージから一転カジュアルな感じに。まるで衣装そのものを変えたかのような変身を遂げることができて、みんな驚いていました。。 衣装を変えたわけじゃなかったので、お色直しよりも時間はかかりませんので、ゲストを待たせることもありませんでしたしね。。

衣装を変えずにイメージを変えるには、色々方法はありますが、例えばヘッドドレスの変更するだけでも、ティアラとお花という違いでかなりイメージが変わります






ウエディングドレスそのものに関しても、もともとビスチェタイプのような肩が丸出しのタイプのドレスに、取り外し可能の袖を後付けできたり、長いトレーンを外したりできるものもあります(ぷちぷちボタンで簡単に取り付けできるものが多いようです)。これだけでも、大分ドレスそのもののイメージを変えることができますし、最近レンタルドレスでも多く出回っているようです。。

小物でイメージをがらっと変える、というテクは、結構簡単で、いろんな花嫁さんが実際に行っています。その小物だけ別に用意すれば良いだけですので、ドレスそのものを取り替えるよりは、かなりお金も節約できますし、その割には効果は絶大です。

使えそうなアイテムをいくつか紹介しておきます




グローブをフィンガーレスにするだけで、イメージがぐっとかわります




リストレットも可愛いですね。白いドレスにも色付きの花が良く合います




もともとのドレスにトレーンのみを取り付けてイメージを変える方法もあります




羽のヘッドドレスは、どんなドレスにも合いますし、ふわふわした可愛いイメージになります




ハットのような可愛いヘッドドレスもあれば




レース仕様でクラシカルにも変身します




コサージュ一つで、随分とイメージが変わります

みなさん、ご参考までに・・・。

上手に節約しながら、綺麗に変身しちゃいましょう。。

スポンサードリンク

関連記事

コメントを投稿

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">